セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ロングステイ斡旋業者に頼ることなく 自力でおこなった カナダ 5ヶ月のロングステイ
 2014年10月9日に日本を出発し、 翌年の 3月2日に 日本に 無事かえることができました。 144日間およそ 5ヶ月のロングステイです。

  そのロングステイ、ロングステイ斡旋業者に頼りませんでした。 また頼るべき 親戚や知人もカナダにはいません。

 カナダにロングステイしようと決めてから、手に入るすべての本は 読みました。最初、その本にあったロングステイ斡旋業者の方をお願いしようかとも考えました。 でも結構費用がかかります。それで、なんとか自分でやってみよう、と決めました。

  もちろん 最初から自信があったわけではありません。 すべて初めてのことです。 ぼくの英会話力は十分ではないことは よく理解しています。
  それでも とにかく何とかしようということで実施しました。

 宿泊する 宿の予約、 移動する飛行機、VIAカナダ横断鉄道、 長距離バスの予約などは、自分でおこないました。毎日のバス、列車の切符、定期券の購入、利用、食堂での食事、食材などの買い物ももちろん、自分でです。

いろいろな失敗はたくさんありました。でも、ちゃんと生きて無事に帰ることができたのですから まぁ成功だと言えるでしょう。いや、ぼくは大成功だと思っています。

  もちろん全て自分で自分の力でおこなったというつもりはありません。
  プリンス エドワード島に行った時には、大吹雪にあい、飛行機が欠航となりました。その飛行機の予約変更は、ホテルのフロントの方にしていただきました。
 ケベック市でwi-fiのアンテナが壊れたとき、近くの大きな電気屋にはありませんでした。それで、宿のホスト、ローリーさんに ネット販売で購入してもらいました。 ケベック市に泊まっているあいだには 商品が届かなかったので、 次のモントリオールの宿に送っていただきました。

  バンクーバーに着いた 最初の日、 重い荷物を押して 歩いていると、通行人 が声をかけて 、 宿のホストに電話をかけて 迎えに来てもらったこともあります。
  飛行機のチェックインの仕方がわからない時に、 優しく教えてくれた 係の人もいます。
  道で地図を広げていると 道にまよったのですか と親切に教えてくれた 通行人にもいます。
  バンクーバーの「ケータイ屋」の 店員の皆さん、トロントの 携帯ショップ「モバコン」の 店員さん、「 モントリオールオフィス」の スタッフの方 などなど、 お世話になった人は 数えきれません。

 それでも、 ロングステイ斡旋業者に頼ることなく、 5ヶ月を乗り切れたというのは、 我ながらよくやった、と思っています。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.