セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

全日空 国際線との乗り継ぎの場合、国内線でも 手荷物は20kg以上でも預けられる??
カナダに行く時 沖縄 那覇空港から羽田空港経由で、バンクーバー空港まで行きました。 那覇空港から羽田空港までは国内線です。国際線では23kgまでOKですが、 国内線では手荷物は20kgまでしか預けられません。

  それで なんとか20kgまでおさまるように荷物をつくり、 出発しました。

  さて 帰りは、バンクーバー発 シアトル経由 成田空港まで行き、 そしてそこから沖縄那覇空港まで行きます。 今度も成田から那覇空港までは国内線です。 20kgまでのお荷物に仕上げようと荷造りを始めました。

  ところが インターネットを見ていると、次の 1行を見つけました。

国際線乗り継ぎのある日本国内区間

国際航空券を利用して日本国内線に搭乗される場合は、国際線の手荷物ルールが適用となる場合があります。


つまり、 国内線であっても 国際線との乗り継ぎであれば 20kgまでという制限はなくなってしまうということでしょう。 現在は 国際線では、1人23kgの手荷物を2つ預けられるようなので、国際線との乗り継ぎなら、23kg2つでもOKということでしょう。

 そんなには必要ないのですか、 20kgは超えそうです。

 それで、21kgと 22kgの手荷物にして、 空港に向かいました。ダイソーで買ったはかりで測ったので、余裕をもってつくりました。

  国際線はもちろん 問題なく通過、 そして 成田発の時にも問題なく手荷物を預けることができました。 その時に尋ねてみると、2つの荷物とも20kgちょうどだということでした。

 何かあれば、「ネットで 国際線との乗り継ぎだと、20kgを超えても大丈夫だと見たけど」、と話すつもりでいました。

 ということで、国際線との乗り継ぎなら国内線でも国際線のルールでいい、ということだと思います。

 ただ、いまぼくが懸念するのは 「適用となる場合があります」という表現です。ということは「適用とならない場合もある」ということかもしれません。

 ということで、 国際線を乗り継ぐ国内線の場合にどうなるのか できれば直接 航空会社に尋ねてみてください。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.