FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

e-taxは、けっして便利ではない
インターネットは とても便利です。 航空券の購入、お金の振り込み、ショッピングなど、僕はよくインターネットを利用します。 家にいながら できるのが一番の魅力です。

さて 確定申告がインターネットで出来るそうです。 e-taxといいます。 とても便利だということで 国税庁は 勧めています。インターネットの便利さを知っているぼくには魅力です。

それで、今年はそのe-taxで確定申告をやってみようかなと 考えて、 国税庁のそのページをひらいてみました。
すると かなり面倒だということが分かりました。

e-taxを行うのは 電子証明書というものを 役場に行って 手に入れなければいけません。手数料が必要です。 それからその証明書を読み取るためのICカードリーダライタを買わなければいけません。 これは amazonなどで, 2~3000円で売られています。

もうその段階で面倒だなと思いました。

さらに 収支内訳書 つけなければいけません。 これはe-taxでなくても、つけなければいけないことになっています。

でもそれは、納税者にとって負担にならないようにしなければいけないのです。次のページを参照。

所得税の収支内訳書は、過大な負担と思えば提出しなくていもいい

確定申告書を記入するだけでも 大変な負担です。 その上に収支内訳書もつけないとなると、 僕にとっては過大な負担です。
  だから収支内訳書はこれまでずっとつけていません。

実際やったわけではないのですが、 e-taxですると、収支内訳書をつけなければ前に進まないでしょう。

ということで e-taxは やめてまでどおり税務署に行って 確定申告を行うことにしました。

 もっと簡単にできるように国税庁も考えたほうがいいですね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.