セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

動詞と述語動詞のちがい、付加説明
^。^さんから、
述語動詞と動詞ってどう違うの?

にコメントをいただきました。 ありがとうございます。


名前:^。^
タイトル:^^
********************
~ですの am という単語だけみれば動詞だけれど
I am a student と文でみると am は述語と呼ぶ
て思ってていいのん?
********************
URL:
http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-2483.html#comment841



 そう思って いいです。これで、質問への回答となりますが、 せっかくなので 説明をつけくわえます。

  あなたのお父さんを考えましょう。 名前を「A太さん」とします。

 そのA太さんは男性ですね。性別でいうと男性だということです。

  さて そのA太さんはあなたにとって、お父さん、父親ですね。A太さんは男性であり、父親だということです。男性と父親というのは、ちがう分類のしかただからです。

 動詞というのは、単語の種類という分け方で、述語(動詞)というのは、文の中での他の単語との関係での分け方なのです。

 さて、あなたにとってA太さんは父親ですが、あなたのおじいさんから見ると、A太さんは、 子ども、息子になりますね。
 また、あなたに子どもができた場合、 その子どもから見るとA太さんはおじいさん、祖父になるわけです。 このように 父親、 子供、 祖父というのは、 ほかの人との関係で決まるのです。

 あなたが例にあげた動詞のamは特別な単語なので、 make という単語を使って 説明してみます。

  makeは「作る」という意味の動詞です。 名詞や形容詞ではなく、動詞です。それはいいですね。単語の種類という分類です。

  このmakeはもちろん述語(動詞)になります。
 I make cake. 「私はケーキを作る」では 述語動詞です。

 さて、 1年生ならまだならってないと思いますが、 to make cakeで 「ケーキを作ること」 という意味になります。

 それで、To make cake is fun.は「 ケーキを作ることは 楽しい」 という意味です。
  to make cake は、この場合主語になります。makeは主語の一部になっているのです。

 I like to make cake. は「私はケーキを作ることが好きです」です 。この場合のto make cakeは目的語ですね。 makeは目的語の一部になっているのです。

  そして My hobby is to make cake.「 私の趣味はケーキを作ることです」では、to make cake は補語です。

  このように 文になったとき、他の単語との関係で、述語になったり主語になったり 目的語、 あるいは補語になったりする、ということです。 いいでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.