セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ひとりで学べるシリーズと、わかる解けるできるシリーズの基本的スタンスは同じ
まっちゃんさんから メールをいただきました 答えいたします

送信者:まっちゃん
日付:2015/03/21 19:52:23
件名:教材について
--------------------------------
最近子供が「ひとりで学べる理科 中学3年生」で勉強始めて、苦手な理科がとてもわかりやすいとのこと。なお、数学は理科以上に苦手です。ところで、中学数学については、「1人で学べる」シリーズは無いようですが、別に「わかる解けるできる中学数学」のシリーズがあるようですね。1人で学べるシリーズと、わかる解けるできるシリーズの違いなど、教えていただければご教示ください。
--------------------------------


「ひとりで学べる理科 中学3年生」を使ってくださっているとのこと。ありがとうございます。

 さて、質問にお答えします。1人で学べるシリーズと、わかる解けるできるシリーズの違いですが、
基本的なスタンスはどちらも同じです。

  教材を作り、 塾の生徒に使わせて、生徒の様子を見ながら 何度も作り直して、生徒が自分でできるように工夫した本です。

 名前の違いは出版社です。「 わかる解けるできる数学」は民衆社から「ひとりで学べるシリーズ」 算数と理科は 朝日学生新聞社からの出版です。それぞれの名前は それぞれの出版社が名付けたものです。

 「わかる解けるできる数学」はだいぶ年月がたって、 古くなりました。 それで 現在の新指導要領にそっていません。

  新指導要領にそったもので、 そしてこれまで の経験をふまえて、さらにわかりやすくした改訂版を作り、 朝日学生新聞社から「ひとりで学べる シリーズ」の1つとして出版してもらいたいと思っています。 ただ それが まだ実現していません。

  朝日学生新聞社は、出版したい気持ちはあるようですが、 いろいろ都合があるとのことです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.