FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ヴィスタ英和辞典
ヴィスタ英和辞典 (単行本(ソフトカバー))
若林 俊輔 (編集) 出版社: 三省堂

大好きな辞書です。大好きなところのひとつを,「この辞書で工夫したこと」から抜粋します。

○日本語訳理解を助ける(←......)を用いたこと
 これは,たとえばbadに「悪い,よくない,ひどい」という「語義」を与えても,「用例」の
Friday the 13th is a bad day for wedding. に「13日の金曜日は結婚式にはふさわしくない」という日本語訳をすると,「悪い,よくない,ひどい」が現れない。そして,こういったことは,入門期にある学習者にとってみれば不可解なことと受けろとめられるのである。その解決策として「←」を持ち得た解説を設けた。上の「用例」について言えば(←よくない日である)と説明するのである。

 私はずっと英語を教えるときに,英文と日本語の間の中間言語的なものを重視してきた。
 和文英訳をさせることが多いのだが,そのときの和文は自然な日本語ではなく,中間言語,つまり英語的な日本語を与えるのである。
 上の「用例」だと
「金曜日,その13番目(13日の金曜日)は結婚式としては(向き),一つの悪い日です」という和文を与えて,それを英訳するというものです。{(向き)というのは,前置詞forを「向き」として教えているので}

 だから,このヴィスタは大いに利用させてもらっています。







 


{ジオログ 2007年11月21日(水) から引っ越し}

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.