セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

なぜcountryには 「国」と「田舎」という意味があるのか
 英単語のcountryには「国」と「田舎」という意味があります。「 国」と「田舎」では大分意味が異なるように感じます。

  なぜこのように違う意味があるのでしょう。 調べてみました。
  次のページにありました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210572167
 
  そして同じような内容の説明が三省堂 「vista 英和辞典」にもありました。
  それを僕なりに解釈して説明してみます。

  日本で考えてみます。 平安時代です。
  紫式部が源氏物語を書き。清少納言が 枕草子 を書いた時代です。
  藤原氏による摂関政治がおこなわれた、 貴族中心の社会でした。

  貴族達は 地方に自分の領地を持っています。 領地からの年貢で ぜいたくな生活をしているのです。その領地は地方にあります。 讃岐の国、 山城の国などと言いました。

  貴族は そこの領地に住むのではなく、京都に住んでいるのです。 京都の方がずっと 都会ですね。 それにくらべると 地方の讃岐の国や山城の国などは田舎です。

 「田舎」には、次のような意味があります。

1都会から離れた地方。
2田畑が多く、のどかな所。人家が少なく、静かでへんぴな所。


  そういう状態がヨーロッパでもあったのです。

  貴族は自分の領地を地方に持っています。 そして その地方の領地をcountry「国」と言ったのです。 そのcountryは 自分が住んでいる 町にくらべると田舎です。

  ということでcountryには、「国」と「田舎」という意味ができたのです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.