FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

good と nice の違いについて
 goodとniceよく似た意味の単語です。 その違いについて調べてみました。

  結論から先に書きます。 直訳的に訳すとすると、goodは「よい」、niceは「すてきな」でいいでしょう。

 それらの単語の語義を一言で表すと、 goodは「評価が高い」、niceは「気持ちがいい」になります。

学研の ジュニア アンカー英和辞典に、「goodと niceの比較」が書かれています。

  goodもniceも「よい」 と訳されるが、 goodは 一般に質が良い事を、niceは人に与える感じが良いことを表す。
 a good bicycle は、 ギアが何段もついているなど 装備・性能などが良い自転車であり、
 a nice bicycleは、(たとえ古くても) その人にとって好きな、愛着のある自転車のことである。


  インターネット上で2つの単語の違い を調べても、 そのようなことが書かれています。

  三省堂の「英語語義語源辞典」の goodの項には

[一般義] 物事や人の状態が良い
[ その他]内容が良いことから、優良な、上等な、申し分ない、目的に合っている、適している、自分や他人に好都合である、有益である

(以下略)

 nice の項には

[一般的義]一般的に素敵な
[その他](良い意味で) 感覚的に 心地よい、 なかなか素晴らしい、(くだけた語) 性格 又は行為が思いやりのある、親切な、 或いは教養があり 高尚な、時には(けいべつ的に)お上品な、

(以下略)

 だいたい違いが分かります。

エクスプレスEゲイト英和辞典には
 goodの「コア」が「評価が高い」とあります。「コア」は語義、中心的意味のことです。goodを一言でまとめた感じがします。

  ただniceのコアは書いてありません。ただ意味として「すてきな」「親切な」というのが載っているだけです。

 一方、 三省堂のヴィスタ英和辞典を 調べると、
 niceの項に「 気持ちがいい」というのが一番最初に書かれています。 なんかこれがniceを一言であらわしているような感じがします。

 だから、 goodは「よい」で、「評価が高い」
 nice は「すてきな」で「気持ちがいい」でいいのではないでしょうか。




セルフ塾の英語(単語・熟語) わかる教え方
「セルフ塾のブログ」の記事をまとめて、キンドルで出版しました。




適材適所記憶術 中学英単語 Kindle版


関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.