FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

today tonight tomorrow のto は?

 today tonight tomorrow のto には、何か共通な意味がありそうな気がします。 to = this なら、 tonight= this night で、「この夜」=「 今晩」になり、なんかスッキリします。

 調べてみました。

 「イメージ活用英和辞典」には、
 

today  to(に)day(この日)⇒きょう、現代
 tomorrow to(に)morrow(朝)⇒朝⇒翌朝⇒(翌日)あした


  三省堂の 「英語語義語源辞典」には

 tonight  (語源)古英語 to night(=at night)から


  とあります。

  この to は、現在使われている、 目標点を表す前置詞のtoではなく、 一点を表す前置詞at のことだと思われます。

 でも、today(日に)、tonight(夜に)、tomorrow(朝に)だけでは、どうもしっくりしません。

 ネット上を色々調べますが、ストンと落ちる説明は見当たりません。

 それであとは想像してみました。以下は ぼくの推論です。

 なお、dayの語義は 「太陽が照っている時」で 「昼」です。

  朝、子どもがお父さんに尋ねます。
 「 いつ魚を釣りに行くの?」
  お父さんは「 today (= at day)太陽が出ている時にね」と答えます。

  その「段階で 太陽が出ている時に」というのは「きょう」のことになりますね。それで todayが「きょう」という意味になったのでしょう。

  同じように 子どもがお母さんに
「面白い話をして」 と言うと、
お母さんが「tonight(at night) 夜にね」と返します。

 tonight(夜に)は、「この夜に」で、「今晩」になりますね。

  夕方に、遊びに行きたいと言う子どもに対して、
「tomorrow (朝にね)」 とお母さんが答えたとします。

 この「朝に」は、明日の朝のことですね それで tomorrowが「明日」になったのです。morrow は「朝」のことです。

 なお、日本語の古語「あした」は「朝」のことだそうです。

 日本語と英語、似たような発想なのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.