FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

プログラム学習の手法で、「コピー 貼付け」だけを練習
 Yさんが「 グーグルマップのルート 乗り換え」機能を 練習したいとのこと。

 Yさんは、まだキーボードを使っての文字入力が上手ではありません。時間がかかります。

 それで、音声認識による文字入力を利用しようと考えました。

 次の順序になります。目的地を「勝連城跡」、出発地を「自宅」とします。自宅の住所はぼくが設定しました。

 「 google検索」を開き 「ok google 勝連城跡」と言うと、「勝連城跡」という文字が出てきます。

  そこで 「勝連城跡」の文字を選択してコピー、
  google マップのページに いって、 検索の枠に貼り付けます。

  次に 「ルート 乗り換え」ボタンをクリックし、 出発地を自宅に設定します。

 その指導のため、 僕は 「プログラム学習」の手法を利用しました。

  プログラム学習では、複雑な動作はできるだけ小さく細かく分けます。
  そして、 それぞれの作業を練習して後でつなげていきます。

 この場合には 「コピー、 貼付け」という操作を取り出して、それだけを練習させたのです。

  ワープロソフトである「googleドキュメント」を開きます。

 そこになんでもいいので文字を入力します。例えば「 あいうえお」

  マウスを使ってその文字を 選択します。
 そして右クリックで、「コピー」。

 別の場所にカーソルをもっていき、 右クリックで貼り付けをします。

 このような、「選択、コピー、貼付け」を何度も練習するのです。
  それだけでも初心者にとっては難しいです。

  それでも何度も繰り返しているうちに上手になります。

  それができるようになってから、 googleマップのルート乗り換えの練習にはいりました。

  それで今では大分上手になりました。

 このように複雑な操作を細かく分けて練習をして後で つなげるプログラム 学習の手法はとても有効です。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.