セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中学生でもわかる 太陽の大きさの求め方
前の記事では、太陽までの距離の求め方を書きました。

中学生でもわかる 太陽までの距離の求め方

最後は、太陽の大きさの求め方です。
  これは 簡単です。

  日食を見ると、 太陽の見かけの大きさ と 月の見かけの大きさはほぼ同じですね。

  金環日食になったりならなかったりするのですから、 ほとんど同じだと考えてかまわないでしょう。

 古代ギリシャの人が求めた太陽までの距離は、だいぶ狂っていました。

 それで、現在分かっている値を用います。

 地球から月までの距離はおよそ38万km。
 地球から太陽までの距離は1億4960万km
 月の直径は3470km。
 太陽の直径をxkmとします。

  そうすると 次のような図になります。
taiyonochokkei.jpg

  これは中学3年生で相似比を習っていれば、解くことができますね。

 比例式は次の通り。

3470:x=38万:14960万
38万km14960万km
3470 kmx km

38万x=3470×14960万
  x=約137万km


 現在求められている
太陽の大きさは140万kmだそうです。

かなり近い値が出ました。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.