セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「no」は「無」
 英単語に「no」があります。Yes, No の Noではなく
I have no children. I have no money. のnoです。

「私には子どもがいない」「 私はお金を持っていない」という意味です。

 英文の形は肯定文なのですが、否定文として訳します。

  無理に肯定文とする場合には、
 「 私は0人の子どもを持っています」
「 私は0円のお金を持っています」となります。

  日本語としては とても不自然です。

  それで 少し説明しにくいなあと思っていました。

  子ども達が 特に理解しにくい様子はなかったのですが、僕の方が少しこだわっていたところがあります。

 でも、よく考えてみると、 このnoは カタカナ語としてだいぶ日本語になっていますね。

  野球でよく使われますが、ノーストライク、ノーボール、ノーアウト、そして、ノーヒットノーラン。

  ノーコメント、ノースモーキングというのもあります。

  探したらもっともっとあるでしょう。

 そういうカタカナ語からの入いれば、説明もしやすいだろうなと思います。

  もう少し考えていたら、 このnoは漢字の「無」と同じではないか、ということに気づきました。

 「 無理解」「 無条件」 などの「無」むです。
 「無理解」は「理解なし」、「無条件」は 「条件なし」と考えていいです。

 noとまったく同じですね。

 「無子ども」というのは聞いたことがありませんが、 そういうことでしょう。

 no money は 無銭飲食の「無銭」に近いですが、 少しニュアンスが違うような気もします。

 だけど否定する「なし」のという意味で使われているということでは同じですね。

  だから
I have no children. 「私は 無の子どもをもっている」→「私には子どもがいない」
I have no money. は「私は無のお金を持っている」→「私はお金を持っていない」というような感じで説明しても いいかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.