セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「適材適所 記憶術 中学英単語」とは
 英単語 記憶術の 本を作っています。

  現在一通り終わって、推敲に入ろうとしているところです。

  ここで 「適材適所 記憶術 中学英単語」とは どのようなものか 説明します。

  英語学習で 最も大切なことは 語彙数を増やすことです。 英単語を たくさんたくさん覚えるということです。 これは強調してもしすぎることはありません。

 そのために色々な記憶術が考え出されています。

  それを列挙します。

1, カタカナ語 記憶術
(フォニックス)
2,語呂合わせ 記憶術
3,和英 まじり文 記憶術
4,暗記 英文 記憶術
5,コア(語義) 記憶術
6, 語源記憶術

そして
7,英熟語の成り立ち記憶術
8, 動詞の過去形の パターン別 記憶術
9,動詞の原形、 過去形、 過去分詞 パターン 記憶術

 といったところ。

  それらの 記憶術にはは、それぞれ 一長一短があります。 すぐれたところ そして欠点があるのです。

  それぞれの長所をいかして 単語 覚えて行こうというのが 「適材適所 記憶術」です。

 piano( ピアノ)は カタカナ語記憶術で、 importantは 語源記憶術で、前置詞のonはコア記憶術で、助動詞doは英文記憶術で、というようなものです。

  それぞれについては あとの記事で詳しく書きます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.