セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

フォニックス 英単語 読み方のルール
 現在はどうか分からないのですが、 僕が中 学校で 英語を学び始めた頃、 英単語の読み方、発音の仕方には 決まりはないので 一つ一つ単語の発音を覚えなさい、 と教わりました。

 しかし、英単語の読み方にはルールがあります。
  単純ではありませんし、 例外はありますが、 それなりにルールはちゃんとあるのです。

  その英単語の読み方のルールを「フォニックス」と言います。
 「フォニックス」を学べば、英単語の読み方が分かります。

  現在「 適材適所記憶術 中学英単語」を作っています。
 カタカナ語記憶術のところでは、 カタカナ語を 確認しながらフォニックスの学習もするように 作っています。

  カタカナ語は、 日本語になっている 英単語 読み方さえわかれば意味もすぐにわかるはずです。

  もちろんそのままカタカナ語の発音では 英語として通じないでしょうか。

  小学校では 学校で 日本式ローマ字を学びます。

 piano, pen などは その 日本式ローマ字で読むことができます。
  そういうのがいくつかあるので、 まずそれから入門です。

 petのt,や dogのgのように 子音字だけで母音字が続かない英単語がかなりあります。それをまず学ばなければいけません。

 f,l,x,jは、日本語式 ローマ字にはない文字です。

 th, sh ch など、重子音字もあります。

 母音には、 短母音と長母音があります。
 サイレントeについても学ばなければいけません。

 tea のea, foodのooなど重母音字の発音も。

 このようなのを1つひとつ学んでいけるように、工夫して作っています。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.