セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中学英単語、コア記憶術
 その単語の中心的、中核的意味を「語義、コア」といいます。

 英語を日本語に訳すと、いろいろな訳になることがあります。
 例えば、a book on the desk を日本語に訳すと「机の上の本」。onは「の上の」です。

また、a picture on the wall は「壁にかかった絵」。onは「にかかった」, 
a fly on the ceilingは「天井に留まっているはえ」でonは「に留まっている」です。

 これはonのコアが「接触」だからです。
「机の上の本」→「机に接触した本」
、「壁にかかった絵」→「壁に接触した絵」、
「天井に留まっているはえ」→「天井に接触したはえ」に考えるのです。

 「on =の上の、にかかった、に留まっている」と覚えるより、onのコアは「接触」と覚えた方が、いいですね。

 別の例。

 at には「~に」という意味があります。またinにも「~に」があります。

 すると、「10時に」「10月に」の「に」はatなのかinなのか迷いますね。atのコアは「一点」、inのコアは「範囲」です。これを覚えていれば、

 「10時に」は「10時の一点に」と考えて at ten. 「10月に」は「10月の範囲に」と考えて in Octoberと分かりますね。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.