セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中学英単語 パターン別過去形記憶術
 これまでの、たぶん 全てと言ってもいいと思いますが、 英単語集 では、動詞の過去形、 過去分詞は 原形のところに、ちょっと付け加えられているというだけです。

  ところが 過去形、 過去分詞を覚えるにも、それなりのエネルギーと時間がをかけなければいけません。

  それで 僕は 過去形 過去分詞も、 それぞれ一つの単語として取り上げ、 覚え方を 書くことにしました。

  過去形は原形がどのように変わったかで 覚えるようにします。

  原形との関係で 次の 6つのパターンがあります。

● 母音が変わる不規則動詞
sitの過去形はsatです。iがaに変わっています。このように母音が変わって過去形になる動詞
sat のほかに、drank、sang,swam,began,gaveなど多数

● 母音が変わり,語末に子音がつくもの
   doの過去形はdidです。oがiに変わり、dが語末にdがついています。

   didのほかに、 kept、 slept、bought、sold、told など、

● 母音も子音も変わるもの
teachの過去形は taughtです。文の最初のtは変わりませんが、each がtaudht に変わっています。母音も子音も変わるのです)
 taughtのほかに、brought、 thought、 left など

●  母音は変わらず、 語末の子音が変わるもの
  build の過去形は built。 語末の子音dがtに変わっただけです。
   builtのほかに、had、 made、sent、 spent

●  まったく不規則のもの
 amの過去形はwasです。まったく不規則な動詞もあります。
 そのほかに、 went

●   同じ形のもの
  cut、 put のように同じ形もあります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.