セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

『必』は、なぜあのような書き順か
 『必』の書き順は、
 、(点)→ノ(左払い)→し(そり)→ノ(左の点)→、(右の点) 
 
 ですね。
 なぜ、あのような変な書き順なのでしょうか。

 ネット上で調べると、台湾や中国ではまったく違う書き順なのがわかりました。
 日本では、字の成り立ちによる書き順になっているそうです。

 漢検、テストに出るので、ここは素直に日本式を覚える必要があります。

 平凡社 白川静著「常用字解」の「必」の項には 次のようにあります。

 

( 象形 文字) 兵器の戈(ほこ)・矛(ほこ)や鉞( まさかり)の頭部を柄(え)に装着する部分の形。必は [木必](本当は1文字:ひつ・え)のもとの字である。( 中略)
  金文では「弋(かなら)ず」のように弋(よく)を用いるが それが[木必]の部分のもとの形である。



た、ネット上をさがすと、次のようにありました。

漢和辞典を見ると 『必』という字は
[会意文字]
「八」ハツ・ヒツ(=分ける)
「弋」(=くい) とから成る。


 「八」と「弋」からなる、ということです。

 「弋」は矛を意味し、「八」が装着した部分と考えていいでしょう。

 「水」の書き順のように、真ん中を書いてから、端を書くと考え、
 「弋」→「八」 となった。

 ここまではいいのですが、「弋」の書き順は
 一(右に長く、横棒)→し(そり)→、(点)  です。

 「必」の書き順とまったく異なります。

 そこで、次のように推測しました。

 「弋」の「一」がある時期に「ノ」に変化します。
 「一」は左から右に書きますが、「ノ」は右上から左下に払います。

 そのとき、『ノ」を書く前に「、(点)」を書いてしまった方が書きやすいとなったのではないでしょうか。「、」→「ノ」、つまり「ソ」にしたのです。
 そう考えれば、「必」の書き順になります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.