セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

読谷山花織復興のプロデューサー 曽根美津子(1)(全10回)
    【曽根美津子を抜きに、読谷山花織復興は語れない】

 「曽根美津子さんを抜きには、読谷山花織の復興を語ることが出来ません」とよく聞きます。

  それで、曽根美津子が読谷山花織復興とどう関わったのかを調べてみました。

 ぼくは、美津子の次女京子の夫です。

 ぼくは一度だけ、美津子に会っています。

 京子とぼくは、宮古で職場がいっしょでした。社会福祉事業団の精神薄弱者更生施設あけぼの学園で2人とも生活指導員をしていたのです。正月か旧盆の休暇のとき、京子と同じ便で沖縄本島に帰省したことがありました。京子の実家は読谷、ぼくの実家は首里です。

 京子の母美津子と弟一郎が空港に迎えに来ていて、ぼくは同乗し、首里まで送ってもらいました。でも、美津子のことはよく覚えていません。

img029.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.