セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「(あなたの)奥さん」のかわりに「(あなたの)お母さん」 という言い方
 もうひとつやめてほしい 呼び方があります。
 「( あなたの0奥さん」 という意味で「(あなたの)お母さん」または「お母ちゃん」という呼び方です。

  知人が僕に「お母さんは元気ですか」と言ってきました。僕の母親のことを尋ねていると思いました。
  この人は僕の母親を知らないはずなのになぁと思いながら話を聞いていると、僕の妻のことを 話しているのです。

  これは混乱してしまいますね。

 妻も「お父さん元気?」と 話しかけられて、 誰のことだろうと戸惑ったことが あるとのことです。

  日本語では、家族の 一番年下の子を中心とした呼び方を します。

  子どもが産まれたら、母親は自分の夫のことを 「お父さん」、父親は自分の妻のことを「お母さん」と子どもを中心とした呼び方をします。

  おじいさん、 おばあさんもそうですね。

  最近読んだ金田一春彦著「日本語」には次のような話が載っていました。 正確ではありません。

  電車の中に お年寄りの女性が 乗ってきました。 そして「 お母さん こっちこっち この席あいてるよ」と 言うのです。 その人の母親を呼んでいるんだなと思ったら、自分の娘か 嫁の年代の人がやってきたとのこと。

 そういうことを 日本語ではやります。

  僕はそれ自体をなくすべきだと言うつもりは まったくありません。

  ただ 「あなたの奥さん」と言うべきときに「お母さん」「 おかあちゃん」と言うの はやめてほしいと言っていのです。

  相手は親しみを込めて いっているのでしょうね。

  実際、僕ら夫婦には子どもはいません。 だから僕自身が「お父さん」と呼ばれることも、妻が 「お母さん」と呼ばれることもないのです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.