セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ブログは、魚を釣るようなもの
 ブログ作成で、高校のクラスメートY允くんが、 首里から1時間近くかけて通っています。

 ぼくは、彼に次のように話しました。

 「 多くの人にブログを読んでもらいたければ、 そのつもりで書かなければいけないよ。

 インターネットを使う人は、 google検索やヤフー検索で、 ある言葉を入れて 検索をして、ブログにやってくる。

  その時に どのような 言葉を入れて自分のブログに来させるのか、ということを意識しながらブログを書かなければ 読んでもらえない。

  自分が伝えたいものがある。それをブログに書くのだけど、そのブログのタイトルや記事の中に、検索をするだろうという言葉を入れておくんだよ。

 そうすることによって、まったく知らない人でも検索をして、あなたのページにやってくる可能性が高まる。

 何となく自分が書きたいことを書くのは 自分にとってはいいことだけども、単なる自己満足に終わる。

  読んでもらうということを意識するなら それだけの工夫はしないといけない」

 それを聞いた彼は、
「まるで釣りのようなものだな。撒き餌をして、」
と言いました。

  僕は
「まさにそうだよ。 とてもいい喩え だ。
 多くに人がが食いつきたがるような言葉を まいて、餌にして そしてそれに食い付いてやって来させる。

 そして、自分のページを読んでもらう。

 ただ、中身がよくなければ、きちんと読んでくれないから、それも工夫しないといけないけど、まずは、釣り上げて、読んでもらうことが大切だな」
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Re: まるで釣りのようなもの → そうですね。
 さー様、コメント、ありがとうございます。「太平洋の孤島にいて、見つけてくれるのを待っているようなもの」というのもよく分かります。工夫して見つけてもらえるようにしなければいけませんね。
selfyojji | URL | 2015/12/20/Sun 19:35[EDIT]
まるで釣りのようなもの → そうですね。
昔は太平洋の孤島にいて、見つけてくれるのを待っているようなものという表現をしていたことを思い出しました。
さー | URL | 2015/12/19/Sat 13:09[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.