セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

英語の作文は やはり勉強になる
 英語での メールのやりとりを数回やっています。

  メールのやりとりでは 相手の英文を 読解し、 そして 英作文を するわけです。

  英語の文を 読むのは 何とかできます。

 問題は、 英作文です。

 和英辞典を引きながら英語の作文をします。

 「 お返事ありがとうございます」の 「返事」はなんと言うのかな、 と調べたら、replyが出てきました。なんということのない単語です。

  英語をみれば 意味は分かりますが、 作文に使うことがまだ出来ないのです。

  また 「その着物はよく似合っています」の「似合う」は何かな と調べれば、suitがでてきました。 そして例文を見ながら英語の作文をします。

  このように 英語の作文をしていれば英語力は確実に付いてくるでしょうね。

 メールをおくるための英語の作文では、じっくり時間をかけながら、辞書を調べたりして 英文を作ることができるのです。

 それに対して、会話では そうはいかないでしょう。 その場で すぐに相手に返さなければいけません。

  「ちょっと待って、辞書を調べるから」というのは出来ないことではないのですが、 そう頻繁にはできません。

  だから 言いたいことを控えたり、 またジェスチャーで表現したり、ということになります。 きちんとした英語が身につきません。

 そういう意味でも 英語の作文というのは勉強になりますね。

  もちろん英語の会話をすることは、別の意味で意義はあることです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.