セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

太陽の年周運動はないか?
 H.N.さまからメールフォームよりメールをいただきました。ありがとうございます。

--------------------------------
送信者:H.N.
日付:2016/01/13 10:23:08
件名:太陽の年周運動について
--------------------------------
以前から「太陽の年周運動」の説明がしっくり来ていませんでした。運動は何を基準にするかで変わってきます。年周運動を観察するには日周運動の要素を排除しなければならないので、毎日同じ時刻に観察する必要があります。星は同じ時刻に観察しても1日に1度ずつ動くので年周運動をしているといえますが、太陽は毎日12時に南中するので、位置は変わりません。「太陽には年周運動はない。なぜなら時間の基準が太陽だから」と言い切ってしまった方がすっきりしませんか。「星図の黄道上を1年に1回転するように見える」のは星の年周運動を裏返しに言っているに過ぎません。この考え方はまちがっていますか?
--------------------------------

 この件に関して 深く考えたことはありませんでした。 立ち止まって考える機会を作ってくださったことに感謝いたします。

  H.N.さんが書かれているように、 何を基準にするかで まったく異なってきますね。
 時間を基準にするとしたら、太陽の横の年周運動はないですね。

 ネットの大辞林の「年周運動」をしらべると次のようになっています。

ねんしゅううんどう【年周運動】
1年間を周期とする運動。一般には太陽の天球上の動きについていう。見かけ上の太陽は(黄道を)毎日1度弱ずつ星座の中を東へ移動し,365.2564日(一恒星年)で元の位置に戻る。太陽の年周運動は,地球の公転による見かけ上のもの。
これは、H.N.さんが書かれているように、星座(星図)を基準にしたものです。


 星座(太陽以外の恒星)の年周運動は時間を基準にしたものです。
 時間は太陽の位置によってきますので、太陽を基準にしているのです。

  それを考えると、H.N.さんが書かれているように この辞典に書かれているような太陽の年周運動は、単なる星座の年周運動の裏返しと考えることができます。
ただ、星座を形どっている恒星の方が、太陽よりもはるか遠くにあり、固定されたように見えます。 そうすると、星座を基準にするというのも、「あり」かなと思います。

 星座の年周運動は、太陽(時間)を基準にし、太陽の年周運動は、星座を基準にするということで、基準がふらついています。

  それを統一しなければならないものなのか、ぼくには分かりません。

  一般的には、統一されておらず、
「星座の年周運動は時間を基準にして
同じ時間に観察すると、星座は東から西に動いている。

「太陽の年周運動、星座を基準にして、
星座の間を西から東に動いている」
ということでもいいかと思います。

 これは、定義の問題なので、ぼくが決めることではないですね。専門家にまかせます。

 さて、時間を基準にした時、 確かに同じ時刻に、太陽は西から東、または 東から西へも動いてはいません。

 しかし、冬至のときには、地平線近くに 太陽は見えますが、 夏至の頃には天頂近くに見えます。

  縦方向には一年間で太陽は動いていると見えます。

 ということは、 それを太陽の年周運動と言ってもいいのかもしれません。



(2016年1月15日追加)

H.N.さまからメールを頂きました。 ありがとうございます。


ブログでの回答ありがとうございました。
私は中学校教員ですが、「太陽の年周運動」は生徒にたいへん理解しにくい
ところです。なぜなら星の年周運動は東から西なのに、太陽の年周運動は
西から東だからです。年周運動の原因は同じ地球の公転のはずなのに、方向が
変わるのはどう考えてもおかしいですよね。
それから太陽の季節による高度の違いを縦の年周運動とおっしゃっていましたが、
高度の違いは地軸の傾きによるものなので、地球の公転のみが原因とは言い
にくいと思います。


 さて、 縦方向の太陽の年周運動についてです。
  この動きは、地球の地軸が傾いているだけではなく、 その上に地球の公転があるからです。 地軸が傾いたまま公転するからあのような縦の動きになるのです。

 また星座の間を太陽が動いていくとき、大きな流れとしては、西から東へですが、実際には縦方向にも動いています。図にあるように、波をうつように動いているのです。これが太陽の年周運動です。
taiyounenshuu.jpg

 
  この動きは 地球の地軸が傾いたままで公転しているからです。公転のみではありません。

 だから 縦方向の動きの原因と同じことです。

 ちがうのは、何を基準にしているのかということです。

  そういう意味では 縦方向の動きを太陽の年周運動 という言い方も成り立つと僕は思います。

 ただし、中学生にそれを教えた方がいいとは思いません。さらに混乱させるだけですね。ちょっと気づいたので書いただけです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.