セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

あえて しゃがむ
 「玄関の履物は 縁の方に立てかけるようにしなさい」 と妻の京子に言われました。

  最近、飼猫のいっぴきが玄関におしっこをするとのこと。
 それではきものがぬれないようにするためだそうです。

  玄関から入る時に、わざわざ履物を立てかけるというのはちょっと面倒です。
  でも妻の言うのにはさかられません。

 それでも、少しでも楽はできないかな、と考えてみました。
 立てかけるときの動作を工夫したり、建て替える台などをおいたらどうかなと考えたり。

  そこで京子が、テレビで見た、という話を思い出しました。

 最近、日本人は膝の痛みや腰の痛みを訴える人が多いとのこと。
  それは 日本人が昔のようにしゃがむ動作をしなくなったからだというのです。

  そう言えば、法事など畳の間では 椅子に座る お年寄りがふえています。
  最近は、ほとんどの家が椅子の生活です。 また ベッドも多くなりました。
  便座も洋式がほとんどです。

 しゃがむ動作はしないですね。

 それで、わざわざとスクワット運動をします。
 それより、日常の中にしゃがむ動作を入れた方がいいのだそうです。

 それを考えて発想の転換、 玄関の履き物は、あえてしゃがんで立てかけるようにすることにしました。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.