セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

電気の問題を解くの例
 いま、ブログを整理し、電子出版に向けて「セルフ塾理科(物理編)」の編集をしています。

 「電気の問題を解く」のページは、例がないのでわかりにくいように感じたので、例を書きます。
電気の問題を解く


 例「次の抵抗Rの大きさをもとめなさい。

denkimonndai1.jpg
 これをすぐに抵抗Rを求めようとしてもできません。
 それで、すべての抵抗の電流、電圧、抵抗を求めるつもりで解いていきます。

 そのために、次の図のようにすべての抵抗で( A)( V)などを書き加えます。
denkimondai2.jpg

 そして、分かることから求めて書き入れます。

 まず、下の抵抗では12V,4Ωが分かるので、オームの法則で電流は3A。

 全体の電流が5A,下の抵抗に流れるのがが3A、だから抵抗Rを流れる電流は2A。

 並列なので、電圧は同じで12V.
 2A,12Vが分かったので、オームの法則で抵抗は6Ω。
答え 6Ω 

 このように、すべての場所で電流、電圧、抵抗を求めるようにするのです。
 そのために、生徒には、すべての場所に(  A)(  V)(  Ω)を書いてから問題を解くようにさせるのです。
 必要ならば、全体の電流、抵抗、電圧も求めます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.