セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

CDを磨く時は 中心部分から縁に 向かって放射状に
 新潮文庫 Peter J Bentley 著、三枝小夜子 訳「家庭の科学」の390 ページから引用します。

 (CDの)樹脂製の側に小さな傷がある場合には、 金属磨きを使ってこの層を丁寧に磨けば傷を消すことができる( その際には 必ずCDの中心部分から縁に向かって放射状に磨くようにしよう。円周にそって磨くと、まぎらわしい渦巻き状のパターンを付けてしまう恐れがあるから)。




 僕は、 どこかで読んだのでしょう、 そのことを知っていました。

  ただ、 妻や義弟夫婦に話すと、 そんなことは初めて聞いた、という顔をしていました。
  知らない人が多いのかもしれませんね。

  僕らはレコードの世代です。 レコードは溝にそってぐるぐると 拭いたものです。 それと同じ感覚で 溝にそって拭いてしまいそうです。

 そうではなくて 中心から外に向かって 拭かなければいけないようです。

  なお、 僕はよくティッシュペーパーを使います。
  それでもいいと書いてあるのページもありますが、
  ティッシュペーパーは避けた方がいいというのもあります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.