セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

最後まであきらめなかった者だけに、道は開ける

最後まであきらめなかった者だけに、道は開ける


 NHK大河ドラマ『真田丸』 第7話 「奪回」で、草刈正雄扮する真田昌幸がつぶやいたセリフです。

 僕は生徒たちによく
「できないと思ったら絶対に出来ないんだ」 と言っていました。

 できないと思ったら,絶対にできない


 数学の文章問題が出ると、 もうこれは出来ないと、最初からあきらめる生徒が少なくないのです。できないと諦めたら 、もう道は閉ざされてしまいます。

  考えようとしません。 思考停止です。 もちろん いろいろ工夫しようともしません。 これでできるはずがないのです。

  出来ると思った人は いろいろ工夫します。その中から、問題を解く 道がひらかれる可能性が出てくるのですね。

  僕は
「できないと思ったら絶対にできない」と言っていましたが、内容的には同じ意味でも

「最後まであきらめなかった者だけに、道は開ける」
という言い回しはかっこいいですね。

  僕も そう言えば良かった。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.