セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「あさが来た」と「勉強をしなくてもいいという法律ができないかな」
 NHK連続ドラマ「あさが来た」 毎日 楽しみながら見ています。

  主人公 のあささんが、女子大学校をつくるために、東奔西走しています。

 最初、周りはみんな猛反対です。
  女が学問をしてどうするんだ、 お嫁に行けなくなる、花嫁修行をしていればいいんだ、 などなど。

 そのような場面を見ると、思い出すことがあります。

  セルフ塾の女の子Ayrさんが ある日つぶやいていたのです。
 「勉強をしなくてもいいという法律ができないかな」と。

勉強をしなくてもいい、という法律が、出来ないかな

 僕は、昔はそういうのがあったんだよ、 いや勉強をしてはいけないという法律もあったんだ ということを話しました。


 「あさが来た」で描かれているように、 女子が教育を受けるというのは、あささんをはじめとして多くの人の努力によって勝ち取ってきた権利なのですね。

  そういう歴史も知る必要があると思います。

 それまでは 女の人は男の人に従がっていればいいというものだったのです。
 それが、女子も しっかり独り立ちするためには やはり学問が必要なのです。

 また、
「勉強するというのは 権利だよ」・・・マララさんの国連本部演説にふれて
にも書きましたが、いまでも女子が学問することを戦いとろうとしているところもあるのです。
 それも命がけで。

  中学生の気持ちがわわからないこともないです。勉強をするのは やはりきついことですからね。

  でも、先人たちが 勝ち取ってきた権利です。 それを乗り越えて 、がんばって目の前の勉強に 取り組んでもらいたいものです 。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.