セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

やる気を出すためであっても 嘘をつくのはいけない
沖縄県の入試で二次募集がなくなるという噂が流れたことがあります

「高校入試二次募集がなくなる」は単なるうわさ

 その真偽を探ってみると、 学校の教師が、生徒の勉強のやる気がなくなる ということで二次募集はなくなる、と生徒に話したのが広まったようなのです。

  その先生の気持ちもわからないことはありません。
  とにかく勉強に精を出してほしい、やる気を出してほしいということだったのでしょう。
 2次募集があるから、ということで、緊張感がなるなると思ったのでしょう。

 でも、僕は、動機はどうであれ 生徒に対してうそをいうのは いけないことだと思います。

  教育において最も大切なことは、 生徒との間の信頼関係です。

  生徒とに信頼されていれば、生徒は教師のいうことに耳を片むけてくれます。

  しかし それを失えば、反抗的な態度に出てしまいます。

  だから信頼関係を最も大切にしたいものです。

  そういう意味で、やる気を起こすためであれ、嘘は言ってはいけないと僕は思っています。

  ただ僕も生徒をからかい、ちょっとした冗談をよく言ったものです。嘘と言えば嘘ですね。
  でも、それは信頼関係を失うようなものではなかった と 自分では思っています。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.