セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

向山洋一氏は 確信的に オカルトを信じている人
新日本出版社 佐巻健男著「ニセ科学を見抜くセンス」から引用します。(p79)



 EMにしても {水からの伝言』にしても、教育界に広く広めるのに最も強い影響力を持ったのは、 教育技術法則化運動(TOSS)です。

 リーダーは 向山洋一氏。向山氏は日本教育再生機構代表委員です。 日本教育再生機構は、「新しい歴史教科書をつくる会」の内紛により同会を離れた人らが設立した保守系組織で、育鵬社歴史・公民教科書の採択を進める活動などをおこなっています。

  向山氏は 確信的にオカルト 信じている人でもあります。
  エネルギー問題では、 その解決には原子力発電推進しかない、 原子力発電万歳! という考えの持ち主です。( 以下略)


  もう30年近くも前、ぼくがセルフ塾を開いたころです。

 向山洋一氏による 教育技術法則化運動 が 注目を集めていました。

  僕はその頃出た彼の著作、「子供を動かす法則」など数冊読みました。
  結構いいと思いました。

  教育技術法則化運動は、教育技術をみんなで共有しようという運動でした。

  それぞれがアイデアを出し合い、 そしてその教育の技術を学び、教師の技術を高めようとするものです。

  跳び箱の指導法などは とてもいい方法だと感心したものです。

  ただ 彼の著作の中で、 向山洋一氏の独裁的なところを感じました。 それに嫌気をさして、 僕は彼から遠ざかったのを覚えています。

  それ以後のことは知らなかったのですが、 彼がこのように EM菌や 「水からの伝言」など ニセ科学的 なものを教育界で広めていたというのはびっくりです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.