FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「本物の学力」と「テスト用の学力」
 きょうから,高校受験特別学習が始まります。
 基本的に,午後3持から5時まで。これが終わるまでは,1年で一番忙しい時期です。

 さて,ぼくは日ごろは「本物の学力」をつけることが大切だよ,と主張しています。目の前のテストの点数が上げることが目標ではないよ,と。

 でも,この商売(学習塾)をやっていると,いつもそうはいっていられません。いや,塾をやっているからだけではなく,目の前になんらかの目標があるときには,それを攻略するためにどうするか,というのも必要な知恵だと思います。

 高校入試が来年の3月にあります。それに合格することが中学3年生の目標です。その目標を達成するためには,どうするか。

 本物の学力がついていれば,テストの点数もとれるだろう,という人もいますね。でも単純にそうも言えません。

 大学の数学の教授。数学の本物の力があると思っていいですね。それが,中学入試の数学の問題を解かせたら,中学受験を目指している小学生に勝てなかったという話をどこかで読んだことがあります。ありうる話です。

 学校の定期テスト,入試などで点数をかせぐには,そのための学力が必要です。「テスト用の学力」といってもいいでしょう。

 ぼくは,日ごろはきちんとした本物の学力をつけるための学習を生徒達にはさせているつもりです。しかし,入試のための学習も必要だということでそのための学習もさせています。

 本当には理解していなくても,やり方を暗記していれば解けるテクニックも教えることがあります。「いんちきなやり方教えてあげようか」などと言いながら教えます。子どもたちは喜んで聞いています。なぜいんちきなのかは分からないでしょうが。

 さて,学力には,本物の学力とテスト用の学力があることを述べましたが,テスト用の学力のためのテクニックなどをこれから数回書いていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.