FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

0は、難しい
 0は難しいです。

 ぼくらは、100万などという数字は、切れがよくて扱いやすいと感じます。
 100万+200万=300万 というのは簡単にできます。

 しかし、実際には、0は難しいのです。

 例えば、二百三十四万五千六百七十八を算用数字に直せ、という問題では、
 そのまま漢数字を算用数字に直して、
 2345678にすれば、それでいいですね。

 ところが、二百万三百を算用数字に直せ、という問題になると、
 2と3という数字が入ることは分かりますが、それをどう表すのか、とても難しいです。
 小学3年生では、そのようなことをしますが、間違いが多い。

 2と3を適切が位置に置くために、0を使わなければいけないからです。

 2000300になりますね。ぼくら大人でも、0の数を数えながら確認しなければいけません。

 0の発明によって、位置による位取りができるようになり、いろいろと便利なこともたくさんできましたが、ある意味では難しくなっているのです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.