セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

水道方式は 暗算ではなく 筆算 中心
 水道方式は 暗算ではなくて 筆算中心の計算を指導します。

  暗算ができるのは 確かに、かっこいいですよね。

  以前 そろばんがかなり高段の生徒が一人いました。
  黒板に 5桁か6桁の数字を いくつも書きならべて 彼に足し算をさせると、 しばらくジット 黒板を見つめて後、正しい答えをみちびき出していました。
  かっこいいなと思ったものです。 生徒たちも感心していました。

  でもそこまでできるようになるには かなりの練習が必要でしょう。

  多くの生徒は 暗算でやるよりも筆算で正確に答えをみちびくようにした方がいいのです。

 1桁2桁の簡単なものなら暗算でできますが、けた数が多くなると どうしても筆算になります。

 それなら、 最初から筆算できちんと答えをみちびき出すようにした方がいいのですね。
 水道方式で書かれている1年の問題集(麦の芽出版のたのしい算数)を見ると、
3+9といった繰り上がりのある足し算からたてがきの筆算を指導しています。

  中学生で単純なミスをする生徒がいます。

 ぼくは「暗算でまたやっただろう、筆算でやりなさい」 とよく注意したものです。

 筆算の方が正確に 計算できます。

  問題は正しい答えをみちびくことです。 暗算でやって 間違えた答えを出したら、元も子もありません。

 数の仕組みをきちんと理解しながら、筆算で計算したほうがいいのですね。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.