セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

帯分数、仮分数の理解もタイルですっきり
 帯分数を仮分数に直したり、逆に仮分数を帯分数に直したりすることがよくありますね。

 機械的にやりかただけを覚えていたら、しばらく後でどうやるのだったか思い出すのが大変です。

 ちゃんと意味を理解していれば大丈夫です。

 タイルで表すと、 2 ⅓(2と3分の1)は、一のタイル2個と、3分の1のタイル。
2t3b1.jpg

 それを仮分数にしてみます。
一のタイルを3つに分け、その3つ分、つまり全部は、3/3(3分の3)
 それが2つで6/3(3分の6)です。
3bunno7.jpg

 だから2 ⅓(2と3分の1)は、6/3と1/3で、7/3(3分の7)になります。
 目で見て、すっきり理解できますね。

 計算のやり方を忘れたら、ちょちょいとタイルを描いてタイルの数を数えればいいです。
 自分でタイルを描くことができるまで理解したらいいですね。

 逆も同じようにできます。説明は不要ですね。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.