セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

水槽の水を抜くときには、時間と減り方は比例しない。
マイナスかけるマイナスはなぜプラス( 正の数、負の数のかけ算)

に、メタメタ(高橋誠)さんからコメントをいただきました。ありがとうございます。

 「水槽の水を抜くときには、時間と減り方は比例しない」というのです。

 考えてみたら、確かにそうですね。

 水をぬくのは、水圧で水を押し出しているのですね。

 水を抜いていたら、水深が浅くなってきます。
 水深が浅くなると、水圧は小さくなります。水圧は水深で決まるのですから。

 水圧が小さくなると水が流出する量は少なくなります。

 そうすると、時間と水位の下がり方はだんだん小さくなります。
 比例しなくなるのは、当然ですね。

 一歩立ち止まって考えれば、なんということないことですが、それをしていませんでした。
 そこに気づかせてもらったことに対し、メタメタ(高橋誠)さんに感謝いたします。

 でも、水道方式の、水槽を使った正の数、負の数のかけ算の説明は見事ですね。それをなくすのはもったいない。
 それで、「水位は時間に比例して、低くなるとして」と但し書きをつけての説明でどうかと思いますが、どうでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.