セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

文字タイルでの説明のしやすさ
 水道方式では、文字式もタイルで説明します。
 文字式タイルは説明しやすいと感じたことがあります。

 (2a+3)/2 を変に約分して、(a+3)とする生徒が少なくありません。
 片方だけを約分するのです。3はそのままにして。

 それをタイルで説明するとすっきりします。
 「2分の」は「2つに分けること」

 (2a+3)/2は、(2a+3)を2つに分けることです。
 そのままでもいいのですが、どうしても約分するなら、(2a+3)/2 =a+(3/2) ですね。

 タイルを描きながら説明すると、生徒たちはすぐに理解してくれます。

2bunno2amatigai.jpg
2bunno2a.jpg


関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.