FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ブレーンストーミング
 「ブレーンストーミング」ってご存じですか。

 ネットで検索してみると,かなりの数のページがヒットしたので,いまでも利用されているのでしょう。
 
 ぼくの記憶では,ぼくは
発想法―創造性開発のために (中公新書 (136)) (新書) 川喜田 二郎 (著)

の中で呼んだのではないかと思います。

 いまアマゾンでみると,この「発想法」1967年発行ですが,まだ販売されているのですね。もう古典でしょう。いい本です。


 ブレーンストーミングについては,
http://nokai.ab-garden.ehdo.go.jp/giho/41.shtml で簡単に知ることができます。

 ただ,次の4つのルールを知ればいいと思います。単純ですから。

 ルール

1,自由奔放(奔放な発想を歓迎し、とっぴな意見でもかまわない)

2,批判厳禁 (どんな意見が出てきても、それを批判してはいけない)

3,量を求む(数で勝負する。量の中から質の良いものが生まれる)

4,便乗発展(出てきたアイデアを結合し、改善して、さらに発展させる)

 数名が集まって,なにかアイデアを出したいときに,上の4つのルールで進めるのです。いまなぜこのブレーンストーミングを思い出したかというと,カウンセリングで「受容」について書いたからです。

 上のルールに「批判厳禁」というのがあります。会議などで,意見が思いついても,これを言ったら笑われるかもしれない,批判されるかもしれないと思うと,発表できません。でも,どんな馬鹿げた意見であっても批判しない,笑わないということを決めておけば,どんどん意見が出てきます。要するにみんながそれぞれを「受容」すると,おもしろいアイデアが出てくるというのです。

 ばかげたアイデアからいいアイデアが産まれる可能性は大いにあるのですから。

 そして,ぼくはぼくが管理しているmixiの「セルフラーニング」このコミュがブレーンストーミングに近い感じになればいいな,と思っています。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1037793

 最初からブレーンストーミングを頭においていたのではないのですが,居酒屋気分で勝手に書き込もうよ,という姿勢はブレーンストーミングに近いものだな,と思っています。

 mixiのコミュは,アイデア会議ではないので,まったく批判なし,というとまたおもしろくないでしょう。しかし意見を戦わせるのが中心になると,批判されると思って,きままに書き込むことができなくなります。それよりもどんな意見であっても,それなりに価値はあると思うのですね。これまでもいろいろな方のいろいろな意見を読んでとても勉強になりました。

 居酒屋気分でビール片手に,自由な発想で馬鹿げた意見であっても,書き込む。ブレーンストーミング的なコミュであり続けたいなあと思います。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.