セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

Windows のアプリ全画面表示
 Windows8からWindows10に強制的な感じでアップグレードさせられた人がいます。その善し悪しは別にして、

 そのために、Windows8で使い慣れていたスタート時におけるアプリの全画面表示から部分表示になってしまって、使いづらくなったと感じる人もいます。

 Windows10で急に全画面表示になって、使いづらいと苦情があったのでしょうね。

 とにかく、アプリ全画面表示の方がいいと思う人がいるのです。それで、その方法をここに書きます。

 まず「スタートキー(旗印、■が4つ並んだキー)を押します。

 左下、「電源」の上に「設定」がありますね。歯車のもよう。
 そこに、なければ、「すべてのアプリ」を開くと、「 せ」のところにはあります。

 「設定」をクリックし、その中から「パーソナル設定」を選んで、クリック。

 左「スタート」をクリック。「全画面表示のスタート画面を使う」をクリックして、「オン」にします。

 右上の「×」で、その画面を消します。

 これで終了です。スタートキーを押すと、3~4秒は前の画面ですが、すぐに全画面になります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.