セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「お母さん、お父さんのための水道方式入門」のまえがき

 水道方式について、いろいろ書いてきましたが、ネタがつきました。それで、終了し、それらをまとめてアマゾンキンドルから電子出版をしようと考えています。
 その「前書き」を書きます。


 水道方式について、関心を持たれる人は少なくないと思います。
 ネット上で、水道方式を検索すると、一応の説明は出るのですが、これでは水道方式がどういうものか、理解できないだろうと思われます。

 書籍で読むとすると、かなり厚く、専門的なものがほとんどです。
 遠山啓先生の「算数はこわくない: おかあさんのための水道方式入門」も良書ですが、とても厚くて、覚悟を決めなければ、読むことができません。

 お父さん、お母さんたちは、もっとおおまかでいいから、水道方式って何かを知りたいと思っているのではないでしょうか。そういう、お母さん、お父さんのための水道方式入門書を書いてみようと思ったのです。

 ぼくは、大学で心理学を専攻しました。教育心理学の本の中に水道方式の説明があり、興味を持ちました。

 そして、アルバイトで家庭教師をしたときには、麦の芽出版の「たのしい算数」「たのしい数学」を使いました。
 教えながら、とてもおもしろい、分かりやすいと感心したものです。

 さて、学習塾の「セルフ塾」を始めました。もちろん、数学のテキストは麦の芽出版のものです。

 そのころ手に入る水道方式についての本、テキストも読みました。国土社の「わかる教え方」もそろえました。

 そして、それをもとに自分で学べる学習書を作成しました。
 水道方式は、基本的に教授法です。学校の先生が黒板を前にして、生徒たちに教えるようになっているのです。


 ぼくは、自己学習できるスキナー教授の「プログラム学習」にも関心がありました。
 それで、水道方式をもとにして、プログラム学習で、自己学習できるテキストを作成したのです。
 それが、「わかる解けるできる数学中1~3」(民衆社)、「ひとりで学べる算数小学2年~6年」(朝日学生新聞)です。

 さて、野口悠紀雄の著作だっと思いますが、自分で専門家ではないという人の本は読む気になれない、と書いてありました。

 そうだと思います。
 でも、ぼくは書かなければいけません。ぼくは水道方式の専門家ではない、と。
 これは決して謙遜ではありません。真実です。

 ぼくは、自分なりに水道方式を学びはしましたが、専門家の教えを直接に受けたことはありません。研修などにも参加したことはありません。

 水道方式を使って教えはしましたが、研究をしたわけではないのです。

 だから、水道方式入門を書くのにふさわしいとは言えないと思います。

 ただ、最初に書いたように、気軽に読める入門書がないのなら、ぼくなりのものを書いてみようと思って書いてみたのです。

 この本を読んで、なんとなくだが、水道方式とは何かが分かったという人がいればうれしいです。

 さらに詳しく知りたい人は、専門家が書いた本に進んでください。

 最近の教科書を見ると、水道方式による説明がけっこうあります。だから、ここに書いてあるのを読んで、なんだ教科書にある説明ではないか、とくに水道方式という必要はないではないか、と思われるかもしれません。

 以前、文部省は水道方式を嫌って、教科書には取り上げませんでした。水道方式を始めた遠山啓先生は日教組系だということで。

 しかし、現場の教師の努力などのおかげでしょうね。水道方式の教え方の方が分かりやすいということで、教科書に入っていったのです。

 このような経過もあることを理解してくださいね。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.