FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

証明問題で点を取る
 今回は,入試で点をとるための方法をひとつ

 なお,誤解のないように繰り返し書きますが,ぼくは日ごろはこのようなインチキなやり方を教えません。本物の学力にこだわっているほうです。でも,入試には合格させなければならないので,このようなことも教えています。

 沖縄県県立高校 平成19年数学の証明問題です。

合同条件はきちんと覚えます。たいていの子は学校の授業だけでも覚えています。

点に必要な途中から書きます。(1)(2)はぼくがつけました。

(1) AB=FD ・・・・・①
(2) BE=(ア) ・・・・・②
(3) また,(イ) より ∠ABE=∠FDA ・・・・③
(4) ①,②,③より(ウ)ので △ABE≡△FDA

 本当は分からなくでも(ウ)を正解が書けます。確実に。

(4)には「①,②,③より」とありますね。この「①,②,③」がそれぞれ辺のことか,角のことか判断させます。これは簡単 AB=FD のようなのは辺,∠ABE=∠FDA のようなのは角です。

 そして,①②③のそれぞれに辺か角かを書かせます。
(1)より,①は辺
(2)より,②も辺
(3)より,③は角 です。

 だから,①(辺),②(辺),③(角)になります。
2つの辺と1つの角の合同条件は「2組の辺とその間の角がそれぞれ等しい」ですから,それを書けばいいです。

 よく意味が分かっていなくても,確実に点がとれます。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

うわっ
手品みたいです!
使えますね(笑)
ヒカリ | URL | 2008/07/29/Tue 16:33[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.