セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

算数、無理なく進めるならどんどん前に
 ご質問と一緒に、嬉しいお言葉が添えられたメールをいただきました。
 ご紹介します。

--------------------------------
送信者:陽だまり
日付:2016/07/11 08:32:00
件名:予習
--------------------------------
はじめまして。
国立附属小学校に通う4年女子の母です。こんにちは。

娘は、4年生まで、徹底した自学自習復習スタイルで学習していました。
国立附属小に通学しているので、前期は、研究授業、研究会の為自習の時間、行事も多く、4月~6月は授業があまりすすみません。7月にいっきに進むためか今年初めて算数を予習を促す宿題がでました。垂直平行色々な四角形の単元でした。これから先の基礎となる単元だった為、予習によいテキストはないかと水道方式を検索していて先生の【ひとりで学べるシリーズ】に出会いました。もともと図形問題が好きだった事もあり、コピーしてやると、「もっとやるもっとやりたい」と言い、35ページを一日でやり終え、他の単元もやると燃えだし、「算数面白い!!」と言い
怖ろしいスピードで学習を自ら初めました。2週もあれば、4年生の学習が終わりそな勢いです。このままどんどん勧めて良いのかわからず、メールしました。
内部進学で一応中学受験を控えております。
何度も同じ問題集を繰り返す学習方法、子どもの勢いが止まるまでどんどん進める方法(小学生でも中学数学の学習をする)、ひとりで学べるを学年相当を終わらせた時点で応用問題集をする。など色々な学習方法があると思います。
この先、算数への面白さを感じながら高校への数学へ上手く導くにはどの学習方法が良いか、アドバイス頂けないでしょうか。

ちなみに【ひとりで学べる4年生~6年】【中学数学わかる解けるできる一年~3年】【田の字表なら解けるわかる点がとれる】を購入し持っております。

よろしくお願い致します。



 僕の「ひとりで学べるシリーズ」を使って、算数の面白さが分かってきたとのこと、これ以上嬉しいことはないですね。
 いろいろ工夫を重ねながら作ってきたかいがあるというものです。

 さて、ご質問に対して僕の考えを書きます。

 僕は娘さんが楽しんでやっているのなら、どんどん学習を前に進んで行けばいいと思います。学年の壁にとらわれる必要はありません。

 ただ「ひとりで学べるシリーズ」は、教科書のレベルの内容です。

 中学受験はそれだけでは解けないでしょう。

 だから、小学6年生まで進んだら、中学受験用の学習書に取り組んだらどうでしょうか。

 それを、一通り終えたら中学の学習に進んでもいいと思います。そして、中学受験半年前あたりに再度中学受験の勉強を取り組んでもいいかと思います。

 そこのところは娘さんご自身に判断していただいた方がいいでしょう。

 個人差もあるので、こうしなければいけない、ということはありません。自分で学ぶことのできる娘さんですから、自分のことはわかるのではないかと思います。

 ぼくの基本的な考えは、学校の進度、学年の壁にこだわらず、理解しながら学習ができていれば、自分のペースで前に進んでも問題ない、というものです。

 楽しんでやっていくのが一番です。そうであれば、自己のペースでいいのです。

 算数、数学は、前に前に進んでいても、以前学んだことの復習になります。

 ただ一つ注意してもらいたいのは、学校の授業で先生の話を聞かなくてもできるよという態度は、絶対にとらないようにすることです。

 先生方は一生懸命に教えています。
 それを無視されたのでは面白いはずがありません。

 先生から嫌われていいことはありません。

 だから分かっていることでも、復習のつもりで授業はきちんとを受けるようにしてもらいたいです。

 なお、校正作業が悪かったために、拙著「わかる解けるできる中学数学」にはミスがかなりあります。正誤表があるのでそれを利用してください。

わかる 解ける できる 中学数学1年 正誤表

わかる 解ける できる 中学数学2年 正誤表

わかる 解ける できる 中学数学3年 正誤表

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.