セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「ひとりで学べる算数」で、算数の授業が「わかる」「算数が好きだ」
  アマゾンのカスタマーレビューをチェックしていたら、「ひとりで学べる算数小学3年」のカスタマーレビューに「追記」があることに先ほど気づきました。

 最初のレビューは以前に紹介したので、重複しますが、そのまま載せます。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0 「ひとりで」は学べません!, 2015/5/4
投稿者 りょうちん
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: ひとりで学べる算数 小学3年生 (朝日小学生新聞の学習シリーズ) (単行本(ソフトカバー))
親に教えられるより、自分で読んで進められるほうが、自分自身で読んで学び取る習慣にもなりよいのではないか
と期待して購入し、現在23ページまで進みました。
「予習」として使ったページと「復習」として使ったページとがありますが
結果的に どちらの場合も親はつきっきりでした。
 
まず、「予習」として使う場合 これを一人で読んで理解できるのは
普段 授業で習った際に 授業だけで ほぼ理解できている子供さんでしょう。

「復習」として使う場合 授業でまずまず理解できている子供さんなら
これを一人で読んでこなせる場合もあるかと思います。

わが子は 授業であまり理解しておらず
いつも宿題の時に わからないから教えてほしいと言われ
教えてきました。
自宅で親が教えることで、なんとか中程度の成績です。
親が教えなければ クラスでも下のほうになると思います。

そんなわが子には「ひとりで」できるのは所々で
ほっておくと無茶苦茶なことを書いています。
結局 親がつきっきりで教えることになります。

しかし、「ひとりで」用の問題集ではなく
最初から親が教えるものとして購入すれば
テキストと問題が一体型になった本ですので
問題だけの本より ずっと教えやすいと思います。



 (それに対して、次のようなコメントを書きました)
 りょうちんさま、著者の仲松庸次です。 レビューありがとうございます。
  私どもの塾にも、一人で学べない生徒がいて、 わからないから教えてほしい、 ということで習いにくる子がいます。
  そのような子のほとんどは説明をきちんと読んでいない生徒です。 そういう場合には 説明の部分を音読させるようにします。 自分で音読をして、 そしてわかったと言って 自分で 学びに戻る生徒が少なくありません。 音読を3回ほどさせることもあります。
  それでもわからない生徒には自分で解かせてみて、つまづいているところだけを教えるようにしてきました 。
 なお、この本には音声解説がついています。 その解説を 聴くことによって 1人で出来ることもあると思います。
 ぼくは、この本をひとりで学べるような本になるように工夫してきました。しかし、ぼくの力不足もあり、 どうしてもこの本だけでは学べない生徒もいることはたしかです。そこは 人間の力で おぎなっていかなければいけないと思っています。


(それに対して追記がありました)

-----------------------------------------
追記 
購入から3ヶ月が経過しました。
著者様 コメントありがとうございます。
誠実で真剣に子供たちと向き合われているご様子がうかがえます。

わが子に関しては、算数以前に 言葉の力が足りないため
一人で学習できないのだと思います。
小さいころから言葉が遅れていて、今でも学校であったことをうまく説明できなかったり
問題の意味が理解できないことが よくあります。
なるべく 問題文を読み返したり、問題文や説明文が何を言っているかを
一緒に噛み砕いたりして 文章を読み取る力をつけるように努力しているところです。

しかし、親子でこちらの問題集をはじめて3ヶ月
子供はまったく手を上げなかった算数の時間に手を上げるようになり
この本の予習のおかけで チンプンカンプンで過ごしていた算数の授業が「わかる」といって喜んで
算数が好きだとまで言うようになりました。
この本を買ってとてもよかったです。
来年からも 同シリーズを使っていきたいです。




  ぼくの本を使ったことにより、
「算数の授業が「わかる」といって喜んで
算数が好きだとまで言うようになりました。」
 とのこと。
 本当にうれしいです。算数はわかれば、好きになります。
 そうなるように、いろいろ工夫してきたので、作ったかいがあるというものです。
 ありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.