セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

母と歩くようになり人の優しさを知る
母が一緒に暮らしている長兄が家を建て替えることになり、その間、僕が母を読谷で預かっています。

 母の元同僚のとの食事会や通院で那覇までよく連れて行きます。

 母は88歳ですが、目も耳もいいです。歯も丈夫で食欲もあります。頭もしっかりしています。
 ただ足腰が弱く、杖をつきながら亀の歩みで進みます。

 杖だけではだめで、僕が手を引いてあげたり、壁、手すりなどに手を添えて歩かなければいけません。

 そのような母と歩く時、人の優しさを感じます。

 車を移動するために、僕が母から離れていると、必ず誰かが母の手を引いて歩いています。エレベーターのドアを開けて待ってくれる人もいます。

 店員や病院の方などが多いのですが、そうでもない、たまたま近くにいた人もいます。元同僚も手を貸してくれます。年は母と同じくらいですが、足腰がしっかりしている方がいるのです。

 弱い人がいると人間はそれを助けようという優しさが働くのですね。

 僕も60歳を超え老人の仲間に入りつつあります。でもまだまだ足腰もしっかりしていて、歩くのに不自由はしません。僕に優しくしようとする人はいません。
 だからそのような人間の優しさを僕は一人の時には感じることはありませんでした。

 人間は全て優しいのか、日本人だからか、沖縄の人だからか、は知らないのですが。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.