セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

母のウォーキング
 お昼の12時20分になると、僕のスマホのアラームが鳴ります。それを聞いた僕は、母の部屋のドアをノック、
「ウォーキングしよう」と声をかけます。

 編み物をしていた母は、それを置いて「はい、はい、老いては子に従う」と言いながら、重い腰をあげます。

 この時間はウォーキングをしているのです。

 目も耳も頭もしっかりしていますが、足が悪くて歩くのが遅いです。それでウォーキングをしています。

 と言っても、2階のベランダをぐるりと歩くだけ。片道30メートル足らず、それを往復します。だからおよそ60メートル。

 僕は、段差のあるベランダに出る時に出やすいように、踏み台を準備しまし。
 そして、雑巾を洗います。裸足で歩くので、部屋に上がるときに足を拭くものです。

 ゆっくりゆっくり15分あまり歩きます。たいした運動ではないかもしれませんが、母にとっては結構なものでしょう。

 最近は歩くのが速くなったような気もします。

 この時間は、太陽が真上になるので、屋根で太陽が隠れます。日陰の下を歩くのですが、それでも冷房の効いた部屋から出てくると「今日も暑いね」と言っています。

 空を見上げて、「白い半月が出ている」「きょうは飛行機雲が見えない」「こんな鳥は首里では見られないよ」などと言いながら自然も楽しんでいます。

 その間、僕はラジオ体操をしたり、腕立て伏せ、腹筋、背筋運動などをしたりして、時間をつぶしています。僕の健康にとっても貴重な時間になりました。

 雨が降った後には水たまりができます。裸足で歩くので、水たまりはとても気になるようです。
 その水を掃き出し、ふきとるのも、ウォーキング前の僕の仕事です。
IMG_20160826_123249.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.