FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

三角形の合同条件
 三角形の合同条件には,

1,2辺とその間の角がそれぞれ等しい。
2,1辺とその両端の角がそれぞれ等しい。
3,3辺がそれぞれ等しい。
4,直角三角形の斜辺と他の1辺がそれぞれ等しい。
5,直角三角形の斜辺と他の1鋭角がそれぞれ等しい。

 という5つがあります。
 長いですね。

 それで,簡単な型で表します。
1,辺角辺型
2,角辺角型
3,辺辺辺型
4,直角斜辺辺型
5,直角斜辺角型

 これは,単に簡単に言い表すだけというわけではありません。

 辺角辺の順に等しくなっているのか,理解しやすいのですね。

 これは何型? では,合同条件は? ときくことによって,生徒は整理しながら考えるようになります。

 いまはない麦の芽出版の「楽しい数学」からお借りしました。


{ ジオログ 2007年11月26日(月) から引っ越し }

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.