セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「良」と「食」は無関係
 漢字には意味がありますね。
 また漢字の部分にもそれぞれ意味があります。

 例えば「男」という字。
 「白川静博士の漢字の世界へ」から引用します

「男」

田と力とを組み合わせた形。 力は田畑を耕すためのすきと言う農具の形。 農地(田)と農機具(すき)とを組み合わせて、田畑を耕すことを表す。 昔は農地を管理する人のことを「男」と言った。古くから「おとこ」の意味に使われる。


 このように、男は田と力とを組み合わせた形です。男のという漢字の中の、田にも力にもそれぞれ意味があり、関連するということです。

 ところが、そうでないことが結構多いです。

 「食」は、「人(ひとやね)」と「良」という字でできています。
 それで、食べるのは、人に良いという意味であれば、覚えやすくもありますが、全く違うようです。

 同じく白川静博士の解釈です。

 

良は、「長い袋の上下に流し口をつけて、穀物などを入れて、量をはかる器の形」で、
 食は、「食べ物の入った、ふたのある食器」


 まったく別の漢字です。

 成り立ちはまったくちがうが、どこかで似ているから同じ形にしよう、ということになったのでしょうか。

 その他、次の漢字も全く関連はないようです

 貝と員
 白と泉
 早と章
 田と異
 右と若
 白、木と楽
 米、田と番
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.