セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

小学生でも中学の理科を学習することはできる
 陽だまりさんから質問メールを頂きました。ありがとうございます。

送信者:陽だまり
日付:2016/10/22 21:48:49
件名:大好きになった算数
--------------------------------
先日は予習についてご丁寧な説明をして下さり、ありがとうございました。
早速予習を進めてみましたら、プログラミング学習のマジックにはまり、2ヶ月程で「ひとりで学べる4年生」を終了していまいました(現在4年生)。びっくりしています。今月末に4年生相当の算数検定に挑戦する事にしました。子どものヤル気に驚いています。五年生の「ひとりで学べる5年生」も自学はじめました。どこまで伸びるか楽しみです。
先生の「ひとりで学べる理科中1~中3」購入したのですが、それを娘がパラパラ見てこれやりたいと言い出しました。もともと理科が大好きなんです。小学校の理科を全て終わらせてない(現在4年の学校の進度は月の動きです)娘が先生の中学ひとりで学べるシリーズを学習するのは無理があるでしょうか?アドバイス頂けなでしょうか?よろしくお願い致します。



 陽だまりさんは、次の記事で紹介した方ですね。


算数、無理なく進めるならどんどん前に

 「ひとりで学べる算数小学4年生」を2ヶ月で終了したとのこと。素晴らしいです。
 娘さんの集中力は、かなり高いのですね。そうでなければ2ヶ月で終わることはできません。理解力も素晴らしいはずです。

 それから、算数が大好きになったとのこと。ぼくにとって、それ以上にうれしいことはありません。

 さてご質問は、小学4年生だが中学の理科の学習に進んでいいのかということですね。

 僕は進んでいいと思っています。

 まずはやる気の問題です。
 学習においては、やる気さえ引き出すことができれば、かなりの部分成功だと思います。どの程度でしょうか。僕の感じでは、やる気になれば、8割程度は成功したと言っていいと思います。

 だから、やる気のある時に学習を進めるのが一番です。やる気にブレーキをかける必要はありません。

 学年で学ぶ内容は、ある程度便宜的なものです。学びたいことを学びたいときに学べばいいのです。

 次
 僕の 「ぼくのひとりで学べる中学理科」は小学生で学ぶ知識の上に積み上げていくのですが、小学で学ぶことを復習しながら進めるように工夫したつもりです。

 だから、小学理科をきちんと終わらなくてもできると僕は思っています。

 小学生にさせたことはないのですが、中学生で小学理科の知識があいまいな子でも十分できました。だから、できると思っています。

 例えば、中学生で太陽が東からのぼることを知らない生徒が多かったのですが、そういう生徒でもできるように工夫しました。

 ただ一つ懸念するのは、中学の理科では数学的な計算が出てくることです。
 ただ、それは簡単なものです。

 それでも、小学5年、6年で学ぶ小数や分数の計算も出てきます。多くはないのですが出てきます。

 そこのところをクリアできるのか。実際にさせながらでしか分からないでしょう。
 つまずいた時にお母さん方がヘルプしてあげればなんとかできるのではないかと思います。

 僕には全てを見通す力はありません。娘さんの学習の進み方を見ながら、どうすればいいのか考えることが必要でしょう。

 いずれにしろ、学習は試行錯誤しながら前に進むことです。

 理科の勉強というより、自然のことを知るということで世界が広がるはずです。
うまくいくことを期待しています 。

 それから、算数検定に挑戦するとのこと。とても良いことだと思います。頑張ってもらいたいですね。

 算数検定などは過去問題が市販されています。それをきちんとやれば合格できると思います。頑張ってください 。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.