セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

コンピューターのディスプレイを縦に使う
高校のクラスメイト末吉君から質問メールが来ました。

  Word を使っていて、上にあるバーのファイルや編集などをクリックすると出てくるリボンが邪魔だ、消したい、とのこと。
 その消し方は教えて、無事に解決しました。

 彼は縦書きで小説の原稿を書いているのです。縦書きだとすぐに上下がつっかえてしまいます。だから少しでもスペースが欲しいのですね。

 それで、僕はコンピューターは基本的に横書き用なのだから、横書きで原稿を書いて、印刷をするときに縦書きに直したらどうか、と提案しました。

 すると、

やはり縦書きと横書きでは、文章の配列とか、行を開けるとか 微妙な違いがあるような気がします。どうせ後で縦書きにして修正するのなら、最初から縦書きにしています。



 との返事でした。

 最もですね。自分が使いたいように使えばいいと思います。

 さて、その後、もしかしたらと思って検索してみると見つかりました。

 コンピューターのディスプレイを縦に使う方法です。

 こんな方法があったのですね。

 それによると
 Ctrl キーとAltキーを押しながら、→(右向きの矢印)を押すと画面が右に90度回転します。

 Ctrl キー+Altキー+← は、左に90度回転
 Ctrl キー+Altキー+↓ は、180度回転
 Ctrl キー+Altキー+↑ で、もとにもどります。

 この右か左に画面を90度回転させれば、縦に長く使うことができます。

 ただノートパソコンなどのように、キーボードとディスプレイが一緒だと90度回転させても使うことはできませんね。

 ディスプレイが独立なものだとディスプレイだけを90度回転させて使えばいいわけです。

 どのように設置するか。それは次のページで 。

http://raku2.ucom.ne.jp/topic1/20130829_1.html



関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.