セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

算数6年、比例の問題
N井様から質問メールを頂きました。ありがとうございます。

送信者:N井
日付:2016/11/29 23:04:25
件名:算数 6年 比例 教えて下さい
ホスト:36.8.226.5
--------------------------------
はじめまして、ひとりで学べる算数6年生を使って子どもと勉強しています。ちなみにこのテキストを使い始めたのが、この比例の単元からなので、まだ田の字表の使い方になれていません。学校でも同じ単元をやっているせいか、分かっていない割には正解を出せることも多い娘でしたが、今日187ページをやったところ間違いが多くありました。問2(1)で(式)は15÷12=1.25 とし式を30×1.25=40としてきました
答えはあっているわけで、一応わたしが、この問題ではいくつ分を求めるんだよね?とか言いながら、正解をおしえたのですが、あまり分かっていない様子です。
どのように説明するのがいいでしょうか?

ちなみに中学数学、理科は田の字表で解ける、を私は読んだので、一応は理解しているつもりですが、子どもには説明してもはまだわからないようです

宜しくお願いします
--------------------------------


 さて、ご質問の小学6年算数の187ページ第16節「比例の式を求めていくつ分を求める」は、これまでの復習とその統合なので、少し難しいところがあります。

 まず問1から説明します。
(1)前半の「1分間に5Lの水を出す水道管」というところに着目します。

 そこのところは、179ページ第8節比例の式の復習になっています。

 そのページを復習し理解すれば、比例の式(y=5×x)を導くことができるはずです。

  そして比例の式がわかると、後半の「25L貯めるのに何分かかりますか」というのは186ページの第15節「いくつ分を求める」 という問題になっています。

 そこを復習し、理解すれば答えを求めることができるはずです。

 つまり、
 第8節「比例の式」では、決まった値(比例定数)が与えられて、比例の式を導くことを学び、
 第15節「いくつ分を求める」では、比例の式は与えられていて、いくつ分を求めることと学び、
 第16節では、第8節と第15節の統合で、比例の式を求めて、それからいくつ分を求めるというふうになっています。

次の問2に移ります。
 まず「15gのおもりをつるすと12mm 伸びるバネとあります」
 そこのところは181ページ第10節 「比例定数を求める」のページの復習になっています。

  そのページを理解すれば、 比例定数を導き、比例の式を導くことができるはずです。

 そして比例の式がわかれば、第15節で やったように 代入をしていくつ分を 求めることができるはずです。

 つまり、
 第10節「比例定数を求める」では、いくつ分と全体量から1あたり量である比例定数を求めて、比例の式を導くことを学び、
 第15節「いくつ分を求める」では、比例の式は与えられていて、いくつ分を求めることと学び、
 そして、第16節の問2では、第10節と15節の統合で、比例の式を求めて、それからいくつ分を求めるというふうになっています。

つまずいたら前のページを参考にするということですね。
 これまでの復習をしながら進んでいただいたら理解できるのではないでしょうか。

 なお、田の字表の本をお買い上げくださったとのこと。ありがとうございます。
 ただ、あれは中学生用に作りました。中学では方程式を学ぶので、それを利用してやります。

 小学生では、方程式を学ばないので、そのままでは理解しにくいと思います。

 学校で学んでいる単元から始めるのは悪くはありません。

 ただ、この本は前の方で学んだことをもとに上に新しいことを積み上げるように工夫してきました。

 余裕が出ましたら、p67~p70までの田の字表について学び、
 そして、p99~101の比例式の解き方を学んでいただければと思います。

以上でよろしいでしょうか。
 何かありましたら、またお気軽にメールください。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.