セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ワンビケーン、ママックヮ アチケーシ(私だけ、継子扱いして)
 夕食の時話したら、妻と母に受けたので、ここにも書きます。

 南イタリア旅行をしました。7人のグループで、ツアーに乗っかったのです。

 飛行機の座席は3人掛けですね。
 ツアー会社の添乗員が、機械的に座席を決めたので、仲地さん一人だけは離れた席になりました。いつも1人だけです。

 さて、帰りのローマからドーハへ向かう飛行機でのことです。このときも仲地さんは離れたとろこに一人だけ。

 彼が、仲嶺さん、比嘉くんの座っているところにきました。そして、

 「大柄の黒人女性にいじめられてる」と言うのです。

 よく聞くと次の通りです。

 3人がけの座席にぼく(仲地)と黒人女性が両端に座って、最初は間の席が空いていた。

 しかし、しばらくすると、その女性が僕の隣の席に移ってきて、体をすり寄せるんだ。よその人が見ると夫婦か恋人のように見えただろうよ。

 そして、英語で何か話してきた。

 僕は気持ち悪くなり、何も答えずにいた。それでトイレに行くふりをしてここにきたんだ。

 パスポートやお金などの貴重品をねらっているかもしれない。だからパスポートと財布を預かっていてくれ。

 そして、できたら席を代わってくれないか。


 でも、仲嶺さんも比嘉くんも怖がって、席は替わってあげませんでした。

 仕方ないので仲地さんは席に戻ったのですが、飛行時間中、一睡もできませんでした。
 その女性も眠る気配が全くなかったのです。

 ドーハで飛行機を降りた仲地さんは、僕に言いいました。

 

大変な目にあった。僕だけ一人別の離れた席にして、
 ワンビケーン、ママックヮアチケーシ(私だけ、継子扱いして)


  ぼくらは、さらに、ドーハから東京まで飛行機に乗ります。それを聞いたぼくは、仲地さんと席を交替しましたが、隣はその女性ではありませんでした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.