FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「窓ぎわのトットちゃん」に見るセルフラーニング
 黒柳徹子著「窓ぎわのトットちゃん」読みましたか。



 1981年に初版が出ています。そのころベストセラーになり,ぼくは妹に勧められて読んだ記憶があります。
 もう30年近くになりますね。とてもおもしろい本です。一読をお薦めします。

 さて,トットちゃんが退学になり,トモエ学園に通い始めます。そして,そこでの授業の様子を描いたところを引用します。

 ぼくのめざしているセルフラーニングがよく描かれていると思います。

 でも、なによりも”かわっていた”のは、この学校の、授業のやりかただった。

 ふつうの学校は、一時間目が国語なら、国語をやって、二時間目が算数なら、算数、という風 に、時間割の通りの順番なのだけと、この点、この学校は、まるっきり違っていた。

なにしろ、一時間目が始まるときに、その日、一日やる時間割の、全部の科目の問題を、女の先生が、黒板にいっぱいに書いちゃって、

「さあ、とれでも好きなのから、始めてください」

といったんだ。だから生徒は、国語であろうと、算数であろうと、自分の好きなのから始めていっこうに、かまわないのだった。だから、作文の好きな子が、作文を書いていると、うしろでは、物理の好きな子が、アルコール・ランプに火をつけて、フラスコをフクフクやったり、なにかを爆発させてる、なんていう光景は、どの教室でも見られることだった。この授業のやりかた は、上級になるに従って、その子供の興味を持っているもの、興味の持ちかた、物の考えかた、 そして、個性、といったものが、先生に、はっきりわかってくるから、先生にとって、生徒を知る上で、何よりの勉強法たった。

また、生徒にとっても、好きな学科からやっていい、というのは、うれしいことだったし、嫌いな学科にしても、学校が終わる時間までに、やればいいのだから、なんとか、やりくり出来た。従って、自習の形式が多く、いよいよ、わからなくなってくると、先生のところに聞きに行くか、自分の席に先生に来ていただいて、納得のいくまで、教えてもらう。そして、例題をもらって、 また自習に入る。これは本当の勉強だった。だから、先生の話や説明を、ボンヤリ聞く、といった事は、ないにひとしかった。

(窓ぎわのトットちゃん,p40~41)

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

ぼくのめざすところです
ミロママさま,コメントありがとうございます。長い間,コメントがあるのを気付かず失礼しました。
 そうですね,この本はそれくらいの感動を与えるものだと思います。

 ぼくのめざすところです。学校でもこのようなことができればいいのに,と思っています。
仲松庸次 | URL | 2008/08/20/Wed 09:19[EDIT]
こんにちは、初めまして。
ブログ、興味深く読ませていただいていますが、「窓ぎわのトットちゃん」で、たまらずにコメントしてしまいました。
トットちゃんの「ともえ学園」の学習方法は、私の理想、憧れです。初めてこの本で知った時の衝撃と感激は忘れられません。
これが、先生のめざされている「セルフラーニング」ですか? 応援します!
ミロママ | URL | 2008/08/10/Sun 16:00[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.